一発合格の秘訣

受験勉強に伴う勉強時間をできる限り抑えるためには、社会保険労務士試験に一発で合格しなければなりません。

さらに、試験に一発合格するためには、学習の精度を最大限に高めていく必要があります。

このページではそれ以外の視点で、社会保険労務士試験に一発合格するためのコツについて述べてみたいと思います。

過去問が重要

社会保険労務士試験の試験科目のなかには、労災保険法と健康保険法、厚生年金保険法と国民年金法のように対になる科目というのが存在します。

また、たとえば「被保険者」「適用事業所」などのように、さまざまな法律に共通して登場する用語などもあります。

これらを科目ごとに個別に学習するのではなく、科目をまたいで比較・整理しながら学習することで、勉強時間を節約することができますし、また理解を促進させることもできます。

こうした学習方法は、社会保険労務士試験の世界では「科目横断学習」と呼んでいて、受験指導校のなかには、専用の講座を設けているところもあったりするのですが、インプット学習とアウトプット学習が一通り済んだ段階で行うと、特に効果があります。

社会保険労務士試験のアウトプット学習は過去問が中心であり、他の問題集をこなす必要は必ずしもありません。

そのような中、唯一の例外が模試で、こちらについてはどんなに勉強時間に余裕がなかったとしても、必ず1度は受験するようにしましょう。

模試というのは、受験指導校の長年の研究と最新の分析に基づいてつくられた最高の予想問題集であり、これを利用しない手はありません。

また、模試受験には試験本番のリハーサルという意味合いもありますので、一発合格を目指すならなおのこと、受験しておくべきでしょう。

一発合格のために学習ツールを考案

最後に、社会保険労務士試験の受験勉強には、インプット学習用の基本書、アウトプット学習用の過去問、そして模試があれば十分です。

しかし、一発合格している人は得てして、オリジナルの学習ツールを自作しているものです。

それは、サブノートだったり単語帳だったりするわけですが、自分に合った学習ツールを考案・作成することができれば、一発合格の可能性はさらに高まることでしょう。

Filed under: 勉強