社労士通信講座批判その九~I.D.E.社労士塾

山川靖樹の社労士予備校と同じく、社労士試験に特化した通信講座を開講しているのがI.D.E.社労士塾

社労士通信講座の口コミを読むと、あと1点に泣いた受験生や長年勉強している受験生が合格したという声が目立ちます。

合格に手が届きそうで届かない人には向いているのかもしれません。

I.D.E.社労士塾の通信講座はコチラヘ
I.D.E.社労士塾の通信講座の口コミはコチラヘ

I.D.E.社労士塾のインプット面

I.D.E.社労士塾の社労士通信講座の口コミでは「条文立法に至るまでの立法事実の説明」があるところに特色があると書かれています。

長年勉強し続けていても合格しない受験生は、何となく知識はあってもそれが結びついていない状況と考えられます。

社労士試験は立法事実まで勉強する必要はないのですが、行き詰った受験生には起死回生の方法なのでしょう。

逆に言えば初学者が効率良く勉強して合格するのは難しいということになります。

I.D.E.社労士塾のアウトプット面

アウトプットは答練中心になっています。ネットで効率良くアウトプットを磨いていくことができないのはマイナスですが、本番の試験で緊張してしまったり、受験そのものの経験が少ないという場合は答練に参加するのはプラスになります。

I.D.E.社労士塾は社労士試験の受験勉強歴が長く、本番慣れしていない人には効果的という評判なので、受験生を選ぶ社労士通信講座ということになります

Filed under: 通信講座