社労士通信講座批判その十一~ネバギバ

2016年8月に開講されたばかりのネバギバにはまだ口コミがありません。

しかし、運営しているのが教育訓練給付制度の対象になっている資格スクール大栄と同じなので、信頼しても問題ありません。

ネバギバの通信講座はコチラヘ

ネバギバのインプット面

「資格スクール大栄の講座がオンラインで受講可能」と明示されているように、講座そのものについては資格スクール大栄の口コミを利用できそうです。

通信教育に特化したサービスなので、ネット環境があればいつでもどこでも学べるようになっています。

資格スクール大栄は1人で勉強するのが苦手な人をフォローするシステムが特徴的でしたが、ネバギバは専門スタッフによるフォローが付くと書かれており、フォローシステムは形を変えて存在していることが分かります

ネバギバのアウトプット面

アウトプット面は資格スクール大栄と変わりないようです。

「挫折させない」と書いてあるように、最新の通信技術を使って効率的に合格を目指すというより、従来の教材を用いて最後まで勉強することを重視しています。

ネバギバのフォローシステムに不安があるなら口コミが出るまで待っても良いでしょう。

2015年社労士試験の合格率が2.6%と非常に低く、今後も難化傾向が続く見通しの中では、勉強が続くだけで合格までたどり着くのは厳しいのではないかと感じます。

社労士試験で必要な知識は生きていく上で重要なものが多いので、社労士試験合格にこだわらずに生涯学習の一環として学ぶ場合には良いシステムだと思います。

Filed under: 通信講座